法人税を抑える方法を知り、企業の成長を図る

しっかり守る頼もしい弁護士に保険相談

ピックアップ

返戻金の高い商品

合法的に節税を行なう方法として、保険に加入する方法が有ります。この保険は経営者保険と呼ばれるものです。解約返戻金の金額が高いという特徴が有ります。払い込んだ保険料よりも高額で受け取ることが出来る場合もあります。

全ての経営者の方々の味方になります!法人税や節税 の対策をするなら、保険で節税対策.comをご利用ください!

    

上手に節税

大阪で相続に関する相談ができる法律事務所ならこちらです!初回相談は無料なのでまずは話だけでも聞いてもらいませんか?

お困りのことはなんでもご相談ください。過払い金を熊本で相談するなら当事務所へ。圧倒的な実績が人気の秘密です。

法人税によるキャッシュの流出について

長期的に企業を存続させるために、キャッシュの内部に留めることが重要です。税法上の義務とはいえ、毎年の法人税の支払いはできるだけ抑えたいものです。 法人税の合法的な節税として大きく2つの方法があります。1つは役員や従業員を対象とした保険を使う方法です。もう1つはオペレーティングリースを利用した、飛行機や大型船への投資です。どちらも経営の長期的な視野を見込むことが必要になりますが、上手に使うことができれば相応のキャッシュ流出を抑えることができます。どちらの手法も節税というよりも利益の繰り延べであり、後年に税を負担することには変わりありません。しかし、今後法人税の減税が予想される日本では、実際の支払い額が減る可能性があります。

繰り延べによる節税の手法について

節税の手法の1つ目は保険を使ったものです。これは役員向けの逓増定期保険を用います。会社の運営に欠かすことができない役員に対し、満期20年程の医療保険をかけるものです。加入から数年に解約返戻金が多くなるよう設定することで、支払額と同等の返戻金が戻ります。ただし金額に上限があることと、健康上の理由で加入ができない可能性があります。 もう1つのオペレーティングリースは、飛行機や大型船に投資しすることで、その減価償却を享受するものです。投資額と同等の減価償却費用を2年ほどで享受できます。満了は10年前後が多いので相当期間の経営見通しが必要となります。投資額は数千万円から数億円まで設定可能です。 役員の退職金などに充てるよう、上手に法人税の節税を行いましょう。

住宅ローンを払っていくのが難しいと判断した場合の手段です!任意売却の相談をするならまずこちらをチェックしてみてください!

24時間対応で予約受付してくれます。離婚の慰謝料について相談するならこちらが便利。直接弁護士と会って話す事が出来るので安心です。

注目記事

請求時の原則

過払い金請求をする場合、守らなくてはいけない原則があります。それは、自分自身で請求の手続きをしないということです。知識があるプロに法曹家に依頼することが最適です。

競売を防ごう

任意売却をすることで、ローンの返済に当てることが出来ます。ローンを滞納したままにすると、競売にかけられ引越し費用を貯めることが出来なくなります。それを避けるためにも任意売却を行なうことが必要なのです。

不動産

相続できる遺産の一つに、「不動産」があげられます。また不動産とは、相続税の負担がもっとも大きくかかる財産の一つです。こうした財産の賢い取り扱い方について紹介しています。

親権問題を解決する

離婚時に夫婦の間に子供が居た時は親権問題を考えなければいけません。慰謝料のことについてお互いに対立することもあるのですが、子供にとって大きな負担になってしまうことがあるので注意が必要です

Copyright © 2015 法人税を抑える方法を知り、企業の成長を図る All Rights Reserved.