法人税を抑える方法を知り、企業の成長を図る

しっかり守る頼もしい弁護士に保険相談

競売を防ごう

競売だけは避けてください

住宅ローンを滞納すると、督促通知を経て「期限の利益の喪失」通知が届きます。これが届くと住宅ローンの残債を分割払いすることは出来ません。一括での返済に加えて遅延損害金を請求されます。支払えない場合は競売にかけられます。競売での売却だと市場価格より大幅に安い価格で売却されます。引っ越し費用はおろか、売却代金を充てても債務を多く残す結果になります。 なんとしても競売だけは避けたいものです。競売開始決定通知が届いたとしても、決してあきらめないでください。任意売却という手があります。任意売却とは融資を受けた金融機関などの承諾を得て住宅を売却することです。住宅ローンの滞納があった場合の売却方法です。滞納がなければ任意売却は認められません。任意売却する場合は債権者の承諾なしでは行えません。

任意売却した後どうしたいのか

任意売却をするために債権者と交渉するなら専門業者に相談、依頼するほうがいいでしょう。専門知識がないと、交渉も不利になることがあります。債権者から有利な条件を引き出すことが出来るか、出来ないかは業者の腕にかかっています。 又、任意売却後にどうしたいかによって、相談先も少し違ってきます。任意売却し残債を大幅に減らした上で賃貸に住み替えるのか、任意売却後も同じ家に住み続けたいのかで業者選びを考えてください。後者の方法をとりたいと考えるなら、任意売却後の家を買取ってくれる業者に相談すべきです。買取業者なら、同じ家に家賃を払いながら住み続けることも出来、資金が調えば買い戻すこともできます。通常の任売業者では買取を行っていないところがほとんどです。買取を行う業者はそれなりの資金力もありますので、長期に渡って付き合える業者だと言えるでしょう。まずは電話やメールで無料相談してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2015 法人税を抑える方法を知り、企業の成長を図る All Rights Reserved.