法人税を抑える方法を知り、企業の成長を図る

しっかり守る頼もしい弁護士に保険相談

親権問題を解決する

円満な解決が理想的です

結婚する時は、離婚なんてありえないと考えています。しかし生活の中でのすれ違いは、どうしても起きてしまう可能性がありますよね。もう夫婦間の修復が不可能なのだと判断されたのなら、できるだけ傷が浅いうちに決着を求めてもいいでしょう。 離婚の原因がどちらにあるのかにもよりますが、慰謝料の問題が持ち上がってきます。通常は、御主人の方に収入が多く、御主人に原因があれば、御主人が奥様に支払う慰謝料というのが一般的でしょう。お互いに決定的な非がないとして、奥様の方が高収入であるとしたら、逆の場合も考えられます。また、どちらが離婚を持ちだしたのかにもよりますね。片方が離婚を望んでいなければ、なお話し合いは長引いていくでしょう。

子供にも影響を及ぼします

子供のいない夫婦でしたらお互いの争いだけで済みますが、子供がいれば親権の問題まで発生してきます。当然慰謝料問題も避けて通れません。御両親が争っている時は、お子さんの側も苦しい立場になるでしょう。精神的にいい影響は与えないですね。できるだけ速やかに、解決できるよう努力しましょう。 子供の親権を得る為には、子供を育てていけるだけの収入も必要になってきます。それが難しい時には、行政の支援を受けていく方法もありますが、なるべく子供の将来の足しとなるように、慰謝料を貰えるといいですね。離婚による慰謝料の相場は、大体が決まってくるようです。弁護士さんと相談をしながら、泥沼にならないように話し合っていくことを御勧めします。

Copyright © 2015 法人税を抑える方法を知り、企業の成長を図る All Rights Reserved.